2010年10月27日

大阪市平野区にある小出製作所様に行ってきました。

あらゆる音楽ジャンルで使用されるシンバル。それを国内で唯一製造するメーカーである小出シンバルは、大阪の町工場で産声をあげ、今やプロのドラマーからも求められる重要なブランドになるまで急成長を遂げています。
今回はその生みの親である、小出俊雄社長に小出シンバル立ち上げに至るエピソードやシンバル作りについて色々とお話を伺ってきました。

20101026_03.jpg

Q.国内で初めてシンバル作りをはじめるということを決めたとき、新たな挑戦にプレッシャーがあったと思うのですが、どういった経緯でシンバル作りをするということになったのですか?


A.シンバル作りはコストがかかり、大手のメーカーも手を出していないのですが、新たな挑戦といっても、それまで大手メーカーのティンパニケトルを作っていたということもあったので楽器との関わりがあり、プレッシャーというものはそれほど感じていませんでした。
ケトルを作っていた時代に人手が足りなくなり、知人の紹介でドラマーが入ってきたんです。
その彼に、学生時代に真鋳のシンバルを作っていたことを話すと「日本でシンバルつくっているところはないですし、是非作りましょう!」と言われたんです。
今ある設備で何とかなるかもしれないし、国内オンリーワンであるならやってみてもいいかな、と思ったんです。
当時はそういった新たなことに挑戦する余裕も私にあったので、気楽な気持ちで作り始めました。


Q.製品として世に送り出すにはもちろん苦労もあったと思いますが?


A.素材の調達がとても苦労しました。まずシンバルの素材がどういった成分で出来ているのかという分析から始めたのですが、分析の結果知りえたその合金がどこにも存在しないものだったんです。
ではシンバルの主要メーカーはどうやってその素材を調達しているのかを調べてみると、自社製造しているということが分かったのです。
それ以外に工業規格にある素材を使ってシンバルを作っているメーカーがあるということも分かったのですが、国内で調達できるものではなく、あったとしてもシンバルを作れるほどの大きさが無かったんです。
2年ほど苦労して探して、ようやくドイツから必要な量の素材を入手することができました。
素材探しと平行してハンマー加工(熱した金属をハンマーで叩き、形成する技法)の研究を続け、ある程度それが身についてきたんですが、趣味ではなく仕事となれば大変なことで、手作業でハンマリングしてシンバルを世に送り出すにはコストが合わないということになるんです。(笑)


Q.そういった問題をどのように改善していったのですか?


A.ハンマリングをする機械を作らなければいけないと思いました。
費用のことや大手メーカーでは対応してくれないといった問題がある中で、何とか個人でやっているメーカーを探し出して1号機が出来上がりました。その後その機械を更に改良し今にいたっています。

20101026_01.jpg
 【ハンマリングマシンで成形】

素材とハンマリングマシンの準備が整ってようやく本格的にシンバル作りが始まったのですが、実際に売り物にするものとして納得できる物にするまでに数年の研究期間がかかりました。
その後、もっと研究をすすめて新シリーズを開発するために再び素材探しをしなくてはならなくなり、苦労するかと思ったのですが、トルコのメーカーに連絡をとったら案外簡単に提供してもらえることになりました。
トルコの材料は非常に硬く、ちょっとしたことですぐに割れてしまいます。そこで、もう一度焼いて加工しやすくしないといけないということになるのですが、焼入れをしてくれる業者が見つからず、最終的には自社で炉を作って、しっかり温度管理をし、加工しやすい原版をつくれるようにしました。
そうすることによって、一度作ってダメだったシンバルを焼きなおしてもう一度始めから作り直すということも出来るようになりました。

20101026_02.jpg
【炉で焼いた後のシンバル素材】

Q.テレビ取材をうけたり、国内唯一のシンバルメーカーとしてのブランド力も向上しプロドラマーからの直接依頼もあるそうですが?


A.最近では実際に工場へ来ていただくプロドラマーの方も増えました。多くの意見を聞き、そこから更に良いものを作ろうという意識が芽生えてきますので、これからもどんどん意見を聞いて、品質の向上を目指していきたいと思います。


Q.シンバル作りをしていて一番難しいと感じられることは何ですか?
シンバル作りをしていて一番よかったと感じられることは何ですが?


A.一番難しいところは・・・全部です(笑)作ったものの均一性を高めたいと常に思っておりますが、素材やハンマーの打ち具合でシンバルは大きな影響を受けるものですから、非常に難しいところではあります。

良かったと思うことは・・そうですね・・ユーザー様に「良い音ですね」と言われて嬉しいことはもちろん嬉しいですが、本当にそう思ってもらえてるのかは本人にしか分からないことなので、そう言われることよりもユーザーさんが増え「実際に使っていただけていること」その事実が一番嬉しく、シンバルを作ってよかったなと感じます。


Q.最後に、ものづくりをする上で一番大切なことは何だと思われますか?


A.我慢です。(笑) それと常に考えることだと思います。シンバルというものは「これが良い!」というものはなく、演奏者が個々に持っている感覚が全てなんです。シンバル作りだけではなく、ものを作るということは壁にたくさん当たるものです。
失敗すれば、どこが悪かったのかを調べる。そしてまた作る。その繰返しです。

clip_image002.jpg

今日はお忙しいところ、取材にご協力いただきありがとうございました。


小出シンバル ホームページ
http://koidecymbal.com/


小出シンバルの製造工程
http://www.koidecymbal.com/factory/build.html

posted by Factory-ONE 電脳工場 メールマガジン編集者 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 突撃取材