2009年11月25日

自己啓発

<div style="line-height: 150%">--インタビュー開始--(●編集員 ★取材協力者 様)

Q.はじめまして、お名前を教えていただけますか?

A.”ひまねり”です!(”ひまわり”じゃありません)

Q.工場のラインに入り、お働きになられてるとのことですが、主にどのような生産物に関わられていますか?

A.自動車のエンジンを作っている職場で働いています。

Q.今回、生産士試験2級を合格されたとのことですが、受験しようと思った動機は何ですか?

A.毎年、自分の会社での一年間の目標を決める際に自己啓発として勉強してみようと思いました。

Q.どのように勉強されましたか?どのくらいの期間勉強されましたか?

A.この資格は産業能率大学が実施していて、その大学の通信教育とスクーリング(講義)を受けました。
私の勤務している会社では、スクーリングは会社へ講師を招き行い、試験も社内で行いました。

Q.多岐にわたる出題内容があると思うのですが、どのような問題が出題され、一番苦労した出題テーマは何ですか?

A.まず試験内容ですが
1.製造活動の基礎知識 2.製造活動の計画と統制 3.製造活動の評価の進め方 4.製造活動の問題解決
の4科目ですべての科目で60点以上で合格です。
試験の出題方式は○×問題、語群選択問題、記述式の3パターンがすべての科目にあります。
一番苦労した出題テーマと言われると難しいですが、すべての科目においてスクーリング時に重要だと言われる所が記述式で出てきます。なんとなくだと文章にして回答できないので難しく感じました。スクーリングの講師が「スクーリングを受けて真面目に勉強すればほぼ合格できますよ」と言っていました。私の会社でも合格率はほぼ100パーセントに近いです。

Q.100パーセント!凄いですね!試験の為の勉強ではなく、仕事で培った知識で試験に役立ったものはありましたか?

A.作業者という身で直接関わっていないのですが、生産方法、部品の管理等で「だからこのように生産や管理をしているんだな」と仕事とつながるところが多々ありました。 基本、生産現場では効率やコスト、品質を口すっぱく言われますから(笑)

Q.なるほど、現場ではそのようなことが口すっぱく言われるわけですね。(笑)
生産士2級を合格したということで、職場(周りの目、会社での優遇制度 等)で何か変化はありましたか?

A.自分には現在、すぐにはありませんが、昇進試験で同じような内容の出題があるそうです。 私のようにライン作業者として働いている人は、他の人との”差”がつきにくい(評価されにくい)のでこのような資格があれば上司からの印象も良くなるのではないでしょうか。

Q.1級を受験する予定はありますか?

A.今すぐというわけではありませんが、自分の更なるステップアップを兼ねて受験できたらいいなと思います。

Q.お忙しいところ、取材協力どうもありがとうございました。今後の活躍を心よりお祈りしております(^^)

--インタビュー終了--</div>
posted by Factory-ONE 電脳工場 メールマガジン編集者 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 突撃取材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33734674

この記事へのトラックバック